スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄馬行き (mixi から)

今回は「鉄馬」(チョルマ)までお肉を食べに行きました。

機張のちょっと先にあるこの村は、牛の肉を計り売りして食べさせるところです。
同じようなところで「鳳渓」(ボンゲ)が有名ですが、有名になりすぎて
お値段も相当なものです。
ここは、まだ開発途上でお店の数も少ないですが、その分値段もお手頃で
とても助かります。

私たちが行ったところは、もう本当に精肉店で横の空きスペースで練炭火鉢で
食べるお店でした。
お肉の小売値+一人当たり3000ウォンの野菜代と、飲み物の実費分だけのお値段となります。
私たちが行ったときは、近所の主婦が豚肉を買いに来ていました。

私たちが注文したのは「カルビサル」(100グラム7000ウォン)と「コットゥンシム」(100グラム9000ウォン)の2種類を80000ウォン分盛り合わせてもらいました。

conv0247.jpg

写真は盛り合わせの写真ですが、大人4人ではぜんぜん食べきれなくて、最後にはお持ち帰りをする羽目になってしまいました。

conv03190525.jpg

網の上に乗ってるのは、コットゥンシム(ヒレ??)です。
もうそれはそれは柔らかくて、美味しかったです。

これで一人20000ウォンなんて安ーい

ちゃんとした店舗の形態でやってるお店もあるので、自分の勘で良さげな所を探すのも面白いかもしれませんね。

ここの住所と電話番号を忘れたので、一緒に行ったcちゃん書き込みお願いね。

スポンサーサイト

高橋知己4in Pusan

話は前後しますが、4月20日にJazz Band「高橋 知己 4」を連れて行ってきました。
準備をお願いしてたウッドベース(韓国語ではコントラベース)が開演時間になっても
来なかったことぐらいで、たいしたトラブルも無く、日曜日なので20人も入れば良い方といわれてた割にはよく入って、特に2階席には熱心なJazz狂の学生たちが陣取り、
音楽家ともなれば絶対の人気で、終わってもしばらくは女学生たちの記念撮影会の場となりました。
conv0119.jpg

conv0120_20080515105333.jpg


1年に1度は企画したいですねー。

浦項の夜

ムンセおっぱのお陰で韓国の地方まで行ける最近、なかなかそれが楽しみになってきました。
今回は浦項、慶尚北道の港町です。港町とはいっても、工業都市なので釜山の様な賑やかさはありません。
コンサート終了後、タクシーの運転手さんに連れていってもらったお店。
外から見ると今にも倒れそうな建物。
もう11時近いのに1階は満席で2階の席に通されました。
焼き肉やさんですが、ここは珍しく牛も豚も置いてます。

豚を食べようということになって、
「モドゥム」(盛り合わせ)を頼んで、話を聞いてみると2人だと最低3人前、3人以上だと最低
5人前が無条件で出て来るそうです。

出てきたのは、5人前20,000ウォン。とても、食べれません。

conv0116_20080507211644.jpg

これ、5種類の部位が入ってます。
韓国では凍らせてないお肉を生と呼びます。美味しそうでしょ。

そのうち、お隣に常連さんらしき男性3人組が。
何だか仲良くなって、酒盛りを始めて何故か最後には「ななこぉーーー」
と呼び捨て去れる仲になってました(笑)
そうして、浦項の夜は更けていくのでした。
あの人たちといつかまた会う事があるんでしょうか。

예가참숮구이 (054)-247-5249

うなが今日口ずさんだ歌         
イ・ムンセ「赤い夕焼けコンサートOST」
 OST より
「오늘 하루」


*ホンとに歌ってます。
ジャケットをクリックすると購入できます
フリーエリア
韓国の携帯電話番号変更のお知らせ
010-7449-2267 です。
登録お願いします。
間違えないでね。韓国のです。
カテゴリー
フリーエリア

リンク
最近の記事
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。